ドンキせどりの利点など

投稿者: |

ドンキせどりとは、その名のとおりドン・キホーテで行うせどりのことです。
ではまず、ドンキせどりの利点について見ていきましょう。

一つ目は、「商品が安い」。
ドン・キホーテには、驚くほど安い商品がたくさんあります。
家電量販店ではまずないレベルの安さで売られていることもあるので、利益が出しやすくなっています。

二つ目は、「店舗が多い」。
ドン・キホーテは、MEGAドン・キホーテを含めると全国に300店舗以上あるので、車を少し走らせれば仕入れに行けます。

三つ目は、「営業時間が長い」。
家電量販店などは、夜8時までということが多いですが、ドン・キホーテは深夜3時ごろまで営業しています。
そのため、「仕事が終わるのが遅いので仕入れに行けない」という人でも仕入れやすくなっています。

では次に、ドンキせどりの難点について見ていきましょう。

一つ目は、「商品が大量にあるので、見つけづらい」。
ドン・キホーテは商品が多いことが利点でもあるのですが、その中から仕入れに適した商品を見つけるのはけっこう大変です。
特に初心者は見つけるポイントが掴めていないので、なおさら大変に感じるでしょう。

二つ目は、「独自のバーコードが使われている」。
ドン・キホーテの商品は、独自のバーコードで管理されています。
そのため、検索してもヒットしなかったりします。
さらに、CDやDVDの在庫処分品はスキャンできないような処理が施されていることもあります。

それでは、ドンキせどりに適した時期などについて見ていきましょう。

まず、「クリスマスはおもちゃが狙い目」。
クリスマスになると、当然ながらプレゼントのニーズが高まります。
そして、昨今の親は子供に欲しいと言われたおもちゃをAmazonで買う傾向が強いのですが、その中にドン・キホーテで仕入れた商品もあるということです。
特に、人気があって商品数が少ないおもちゃはプレミアが付きやすいので、狙い目といえます。

次に、「年末年始」。
年末年始には、歳末セールが行われます。
この時期になるとネット上では商品価格が上がりがちですが、店舗ではさほど上がらないので、いちばんか格差が取りやすい時期なのです。

そして、「決算」。
ドン・キホーテの決算月は、8月となっています。
それにより、5月か6月辺りから在庫処分品がたくさん出回るようになっています。
こういった商品は20~50%くらいオフの値段が売られていたりするので、かなり美味しいといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です